読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜日のゆずみつ

だって、嘘ついたって仕方ないじゃない?

奇跡的に恵まれたお天気で

春の日差しがたっぷりな中、いざ鎌倉へ。


お団子にチョコレートアイスにエクレアに、コロッケとしらす丼とチョコタルトに生チョコレート。食欲大爆発!!

鶴岡八幡宮への参道は若い桜の木が植えられていて、10年後にはアーチみたいになるのかもねぇ。きっと一緒に来ようねぇだなんて。

ひいたおみくじは、私も彼も吉。

欲張るとそっぽをむかれますよ、とのことなので少し謙虚に生きようと思います。無理だと思うけど。

本っ当に恵まれたお天気で 幸せいっぱいでした。

今年度は何日、私と会ってくれるのかな。


そろそろ、大好きだけじゃなくて愛してるって聞きたいな。陳腐な言葉かもしれないけど。

飲み会の帰り道

『まだ起きてるの?あと10分で電話出来るよ』って。

日曜日、ヤバイかなって思ったんだよねー

とか もう何で分かるの?嬉し過ぎるんですけど。


電話を切ってからアホやなーって冷めた自分がいるんだけど

こうやって舞い上がれるうちは 私もまだ彼の事が好き過ぎるんだと思う。

うん。

何故会社の人間とスノボには行けても

会社の人間とライブには行けないの?


何で\(^o^)/

ひょんな事からムカついて、当て付け大阪遠征大決定。ここまですれば もしかしたら?って淡い期待も打ち砕かれて『楽しんできてね』ですって。


何だかもう。


最初で最後のスペシャルウィークの事を少しだけ。


月曜日は部会の飲み会。

お声掛けがあった時に 彼が出るなら出ますーって答えておいたら、あっさり決まってしまいw

向こうもハナから出るつもりは無かったらしく、言ってみるもんだなーと。

島は離れちゃったけど、途中から呼んでもらってお隣キープ。ちゃっかりファンクラブ会長を任命されたり、あちらの代理からモテ男のご紹介にあずかったりして。

お開きになった後、焼き鳥屋さんで二人で飲んだら 帰り道いつもの裏道で手を繋いでキスを2回。次に会えるまでの火曜日と水曜日の分だよ、だなんて。


むかえた真ん中木曜日。

この日はいつもの駅で待ち合わせたら、サラベスの世界一の朝食をお腹いっぱいいただいて 草間彌生展へ。ブツブツに悶々としながら、パワーをしっかりもらったり。

午後はお決まりのお籠りで、チョコレートでたくさんイタズラさせてもらいました。今日はたくさんこないだ(熱海の)仕返しをするーって 攻めの彼も良いもので。

ハーシーズを持ち帰ったら 机の上に置いて、もんもんもするが良いよ だなんて言って、持たせた筈なのに 何故か私のカバンの中に。


そしてラストの日曜日。

この日は夕方からデート。連休の真ん中をいただけただけで、私は満足。

サンシャインの展望台で夕焼け〜夜景を臨んだら

博多の飲み屋さんでおしゃべりを楽しんで

思いがけず、手作りブレスのプレゼント。

とっても嬉しかったの。大事にするね。

隣のカラオケ。沢山キスをして。



私にはあなたより大事なものがある

あなたには私より大事なものがある

C7がずっしりくる日曜日の夜。


次に会えるのは未定だけど、ちょっとばかし頑張ってみるよ。


来年度もいっぱい、私の事を愛してね。



ちなみに、今週は

もともと木曜日に会う定例会だけだったのが

月曜日は部会飲み

日曜日は同期の誕生日会と

どうやらスペシャルウィークになりそうな予感なのです。


事務用品の名目で届いたゴディバのおかげで、この週末はヤキモキせずに過ごせましたよ。ありがとう。でも、ボードからまだお家に着けてないのかしら?少し心配。

2日目はどこからが2日目なのか分からないけど

朝からそわそわ。

7時過ぎてやっと、常識の時間になったから起きないかな?ってちょっかいを出したり。

なし崩し的に情事に持ち込んで、1回。

そうこうしてるうちに朝ごはんの時間に。心の底から、寝室と和室が離れてて良かったと思った瞬間。ボサボサ頭の彼がとても可愛らしかった。

朝ごはんもとっても美味しくて、お魚ってこんなに美味しかったっけ。すごく感動したの。

食べ終わったら もう一回温泉に入って。

お部屋にもどったら、ベッドの位置は元どおりだし 整理整頓も行き届いていて、A型の真髄を目の当たりにw

どこいこうねー

かまぼこもいいねー

熱海城

お天気はとても良くて、キラキラ光る海の見える大きな出窓の前で、あなたと向かい合って椅子に座ってあぁでもない こうでもない。すっごく幸せな時間だった。


チェックアウトをしたら、昨日きた道を戻る。

上り坂なのも手伝って足取りが重過ぎて。

帰りたくないなーって朝から思ってたんだけど。


駅に着いたら、バスで熱海梅園へ。

ほぼ終わりかけ、遅咲きは6分咲きと ぶーぶー文句垂れてたけど 私はね、あなたと一緒ならもう何でも良いんだよ。「さて、今日はどこに泊まろうか?」って冗談でも嬉しかった。

日帰りで満足できなくなって、1泊旅行へ。

1泊旅行に出掛けたら、今度は2泊したいねーだなんて、本当に人間ってどこまでも欲深くなれるもんですね。


ちょっと面白くなかったのは、熱海駅の機関車の像の前ベンチで話してた、勤続30周年の式典の話。何も今日、奥様同伴で出席するなんて話しなくても良くない?はーいはい。って感じ。


帰りの踊り子号はガラガラで

気ままにビールを飲んで、揚げ物を食べて

酔っ払って気が大きくなったあなたと 好きにキスをしてた。

窓の外は海山の風景から、見慣れたビル街にどんどん変化していって それと同時に夢見たいな2日間が終わろうとしてるんだなぁって悲しくもなってきて。

次は秋かな?

私の誕生日?だなんて、そんな先の約束が出来ることが嬉し過ぎた。


奇跡的に何の邪魔も入らなかった2日間。

来年もきっとまたお誕生日旅行に2人で行けたら、素敵だなぁ。

無事に終わった2日間。

東京駅9番ホームで待ち合わせ。先頭に向かって歩き出したら、すぐに見つけてくれたあなた。

やっと会えたー!って。

前回は途中でお呼び出しで、中途半端だったもんね。

新幹線で三島まで。ワッフル食べて、じゃがりこ食べて。手を繋いで。

三島からは昔ながらのローカル電車で韮山へ。

へ?地元のローカル線と大差ないけど\(^o^)/

乗り継ぎがうまく行って、乗り換え案内よりも早いのに乗れたりして ついてたね。

韮山からは手を繋いで歩いていちご狩りへ。

食べて食べて食べて、たまにオススメな場所を教えてくれたりして、また食べて。

向こうしばらくは要らないかな?って位にビタミンCを摂取した気が‥

また、手を繋いで歩いて戻る途中に本っ当に弱雨に見舞われて雨女卒業留年か!?って笑ったり。

駅に着いたらお昼ごはん探し。

電車でもずーーっとお昼ごはん探し。夜はヘビーなの分かってるから、軽めにね、って。

途中黙り込むあなた。体調悪いのかしら?って心配したら 御手洗に必死だったあなた。

言ってよ!笑 心配するじゃないの!!

三島は新幹線の駅なのに、駅前はあまり栄えていなくて。ぶらぶらして見つけたわさびラーメン。

お店の大将さんがずーーっと様子を伺う様が可愛らしかったし、平日とは言え昼時に貸切状態とか不安要素たっぷりだったけど、フツーに美味しかった。わさびの香りが素敵過ぎた。


熱海に移動して、駅ビルぷらぷら、商店街をぷらぷらしながら宿へ向かう。

一緒にいたから道の途中の洋菓子屋さんにサプライズのつもりで頼んでたケーキもバレちゃったけど、夕食後にケーキを目にしてたあなたが 泣きそうな程嬉しいって感動してくれて良かった。


30分前に着いたのにも関わらず、気持ちよくお部屋に通してくれた宿の方には感謝❤︎

オーシャンビューの和洋室。居間と寝室が離れてて色々便利だった。

少しのんびりして、浴衣で貸切温泉へ。

こちらもオーシャンビューで素敵な温泉。カメラを持って来なかった事を少し後悔。。

お湯から上がったら、夕暮れ時の海辺をお散歩。海って本当に好き。

お宿に戻ったら、いちゃいちゃモードに入りかけたけど すぐお部屋で夜ご飯。

金目鯛の煮付けを一生懸命ほぐしてくれたあなた。笑

お肉も柔らかくて美味しかったし、デザートのたまごプリンまで とにかくずーーっと美味しかった。日本酒の飲み比べは、とにかく全部辛くて。梅酒は美味しかった。お酒が入ると大きな声で笑うあなた。ケーキも美味しく食べて、嬉しそうにはにかむ姿が愛おしくて。

取り敢えず、1回愛し合った後に浴びた シャワーが温水にならずピンチ!すぐさま、大浴場へ。

ゆっくり温まったら、お部屋で飲み会。もうずーっとくっつきながら飲むお酒とお菓子の時間は 本当に嬉しかったし楽しかったし。

なし崩し的に始めた 2回戦は、ちょっと縛ってみたり 氷を使ってみたり。楽しませてもらいました。笑

贅沢な1日目を終えたつもりが、眠れない私。寝顔を見ながら 知らないうちに1日目が終わってたというw