読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜日のゆずみつ

だって、嘘ついたって仕方ないじゃない?

無事に終わった2日間。

東京駅9番ホームで待ち合わせ。先頭に向かって歩き出したら、すぐに見つけてくれたあなた。

やっと会えたー!って。

前回は途中でお呼び出しで、中途半端だったもんね。

新幹線で三島まで。ワッフル食べて、じゃがりこ食べて。手を繋いで。

三島からは昔ながらのローカル電車で韮山へ。

へ?地元のローカル線と大差ないけど\(^o^)/

乗り継ぎがうまく行って、乗り換え案内よりも早いのに乗れたりして ついてたね。

韮山からは手を繋いで歩いていちご狩りへ。

食べて食べて食べて、たまにオススメな場所を教えてくれたりして、また食べて。

向こうしばらくは要らないかな?って位にビタミンCを摂取した気が‥

また、手を繋いで歩いて戻る途中に本っ当に弱雨に見舞われて雨女卒業留年か!?って笑ったり。

駅に着いたらお昼ごはん探し。

電車でもずーーっとお昼ごはん探し。夜はヘビーなの分かってるから、軽めにね、って。

途中黙り込むあなた。体調悪いのかしら?って心配したら 御手洗に必死だったあなた。

言ってよ!笑 心配するじゃないの!!

三島は新幹線の駅なのに、駅前はあまり栄えていなくて。ぶらぶらして見つけたわさびラーメン。

お店の大将さんがずーーっと様子を伺う様が可愛らしかったし、平日とは言え昼時に貸切状態とか不安要素たっぷりだったけど、フツーに美味しかった。わさびの香りが素敵過ぎた。


熱海に移動して、駅ビルぷらぷら、商店街をぷらぷらしながら宿へ向かう。

一緒にいたから道の途中の洋菓子屋さんにサプライズのつもりで頼んでたケーキもバレちゃったけど、夕食後にケーキを目にしてたあなたが 泣きそうな程嬉しいって感動してくれて良かった。


30分前に着いたのにも関わらず、気持ちよくお部屋に通してくれた宿の方には感謝❤︎

オーシャンビューの和洋室。居間と寝室が離れてて色々便利だった。

少しのんびりして、浴衣で貸切温泉へ。

こちらもオーシャンビューで素敵な温泉。カメラを持って来なかった事を少し後悔。。

お湯から上がったら、夕暮れ時の海辺をお散歩。海って本当に好き。

お宿に戻ったら、いちゃいちゃモードに入りかけたけど すぐお部屋で夜ご飯。

金目鯛の煮付けを一生懸命ほぐしてくれたあなた。笑

お肉も柔らかくて美味しかったし、デザートのたまごプリンまで とにかくずーーっと美味しかった。日本酒の飲み比べは、とにかく全部辛くて。梅酒は美味しかった。お酒が入ると大きな声で笑うあなた。ケーキも美味しく食べて、嬉しそうにはにかむ姿が愛おしくて。

取り敢えず、1回愛し合った後に浴びた シャワーが温水にならずピンチ!すぐさま、大浴場へ。

ゆっくり温まったら、お部屋で飲み会。もうずーっとくっつきながら飲むお酒とお菓子の時間は 本当に嬉しかったし楽しかったし。

なし崩し的に始めた 2回戦は、ちょっと縛ってみたり 氷を使ってみたり。楽しませてもらいました。笑

贅沢な1日目を終えたつもりが、眠れない私。寝顔を見ながら 知らないうちに1日目が終わってたというw



水曜日は呼び出し。

はいはい。またですか、分かりました。って感じ。

絶対に負けないんだからね。

今週は遅番だから、出来なかったお昼の電話。

休憩に入るか入らないかなタイミングで、「休憩早番になったから電話出来る?」って。


思ってなかった所に起きる嬉しいハプニングって

本当に嬉しさ倍増❤︎

何より、その変更が起きた時にすぐ私の事を考えてくれたのが本当に嬉しかったの。


「今日電話しとかないと、土日乗り越えられないかと思って」ってケラケラ笑って。

帰り車から電話するかなーとか考えてたんだよ、

だとか。


出来る範囲になるけれど、その中で目一杯考えてくれてるその気持ちでお腹いっぱい。ご馳走さま。

なんとか水曜日までお互い元気で、早く会えたら良いな。


どっかで面倒臭くなってる自分がいて

でも自分が始めた事だから責任持たなきゃって

次に会う日を確かめて

その日までルンルンで準備をし

こんな洋服、下着、喜ぶかなって

当日朝、息子の額に手を当てて熱がない事に安堵して

会ったら会ったで2週間〜1ヶ月分のモヤモヤが吹っ飛んで

息子を迎えにマンション前の坂道を下る最中、私何やってるんだろうって思ってる自分がいて

どういうメッセージを送ったら喜ぶかなって考えて

今日1日を振り返って幸せな気分になって

土日は相変わらずモヤモヤな気分で過ごし

たまに お返事がないとモヤモヤもMAXに

以下、無限ループ。


恋の暇つぶしに生きてるんじゃねぇよ。

人生の暇つぶしに恋をするんだよ。

分かってるんだけど、ねぇ。

昨年末は2016年最後の金ゆずを。急遽、主人が子供を実家に連れて帰りやがったから(事後報告)私もフツーに彼をお持ち帰りする気満々で、一緒に食べようってルンルンで大好きなリンツを買って行ったのよ。


でもさ、『娘がさー(奥さんの前で)「パパ朝帰りだったよねー」とか言うからさー』だなんて言われたら、帰れとしか言えないじゃないか。

娘さんに罪はないもん。

精一杯背伸びして、「家族を悲しませてまでする価値のある事じゃないですから」って。

物分りが良いフリをして、私の精一杯の強がりだよ。


1人であの部屋に帰りたくないから、1人ラクーアを企むも それはさせたくない ってさ、駅のホームで私が乗り込むところまで見届けて帰るだなんて、どこまで私の邪魔をするのよ。ムカつく。

駅ホームでキスをせがまれたのもムカつく。

金曜日の私はその先も欲しかったのに。


ムカつく。本当にムカつく。

ムカつき通して迎えた2017年。

果たして今年はどんな1年になるのでしょうか。


いつもの『おやすみなさい』がないまま迎えた朝、あなたは何食わぬ顔で私に普段通りのラインを寄越す。

そして私は、ずっと待っていたのにだなんて史上最小のワガママをも飲み込んで こうやって小さな蟠りがどんどん溜まっていくのが分かるんだ。


無理して続ける理由なんて、これっぽちもないのにね。本当可笑しいね。



最大の謎は

家庭円満なのにも関わらず、リスキーな私の暇つぶしに付き合ってくれる事。

最初から気になってた だなんて、後付けなのは火を見るよりも明らかだし、本当に謎。

いつ奥様を抱いたのか、キスしたのかだなんて それに比べたら よっぽどちっぽけな疑問だよ。

バカなの?マゾなの?